top of page

2024.5.8 テネシー水曜礼拝

更新日:5月13日



子供たちが少し大きくなると、お小遣いをもらうようになりますが、その時にはお金の使い方も教えなければなりません。お金を責任を持って使う方法も教える必要があります。例えば、10ドルある時に全部使ってはいけません。それは無責任な失敗者のやり方です。もし10ドルのお小遣いをもらったら、すぐに教えるべきです。祖父母が10ドルくれたらどうするべきか?5ドル、つまり50%を貯金します。未来のためです。


未来の宣教活動のため、また、未来にタイニーハウスを建てるためです。なぜかというと、家庭を安定させる必要があるからです。家のためにも50%は未来のために貯めるべきです。その次に、40%は使い、つまり10ドルなら5ドルを未来のために貯めるのです。4ドルはお菓子やキャンディを買うのに使います。


1ドルは何ですか?10%です。10%はどこに使いますか?十分の一、つまり神のみ旨とコミュニティのためです。このような責任感を植え付ける必要があります。お金をもらった時、ただお金だけを見てはいけません。お金をもらった時には責任感が必要です。お金を未来のために貯めるべきです。40%は必要な所に使い、10%は神のみ旨とコミュニティのために使います。幼い頃から教育すべきです。もちろん、親も実践するべきです。


親に貯蓄の文化がなければ、50%を貯蓄し、40%を使い、10%を神とコミュニティのために使うべきです。これらを実践し、子供たちを教育する必要があります。そうすれば、子供たちがお金を見るとき、お金の管理者の立場から全体を見るようになります。お金の管理者です。ただお金がある人ではなく。ただお金がある人は無責任ですから。


お金の管理者になるべきです。そうすれば無責任にならないのです。お金は本当の資産ではありません。王たちは本物の資産を集めます。本物の資産は何ですか?最も重要な資産は何ですか?関係です!神との関係!神の血筋です。それを通じて王と祭司長、妻は王妃と伝道師、そして夫婦関係における夫婦投資です。子供ができたら、子供たちとの一対一の関係に投資します。それが資産です。資産。男性がお金をたくさん使っても妻と離婚し、また新たに離婚する...それは失敗した男です。それは成功した者ではありません。その者はただお金があって、遊んで、死んで、地獄に行くのです。使えない者です。


お金を稼げば、妻との関係をバランス良くさせること。これは知恵です。知恵。両方とも行うべきです。お金を稼ぐことも大切ですが、妻との関係が崩れてはいけません。男は言い訳できません。二代王は、1日に20時間、毎日々仕事をしました。特に韓国で世界会長を務めた時、朝の2時半から夜の11時まで毎日働きました。


社長でない限り、どんな男性もそんなに多く働くことはありません。一般の男性や室長のレベルです。それは1週間で100時間を超えます。ほとんど140時間ですが、それでも私は妻に夫婦デートの言い訳をしませんでした。そんなに多く働くと、子供たちとの一対一や家庭の時間があまりないのですが、1週間ごとに一対一の日を言い訳なく行ったのです。15年、20年間、どんなに忙しくても。ただ働くことだけを神が望んでいるのではないのです。関係を良くすること、それが神に喜びをもたらすことです。原理の立場では、創造の目的はお金を稼ぐことや何かの職業を持つことではありません。創造の目的は何ですか?神を中心とした授受作用、愛の関係です。それが創造の目的です。


ですから、原理を知ればどこに投資すべきかが正確にわかります。それは「男性はお金を稼ぐな」という意味ではありません。お金を稼ぐべきですが、お金が自身の神になってはいけません。神から与えられた夫婦間の投資をすべきです。妻とデートし、子どもたちと一対一の日を持つべきです。その関係に投資すべきです。何を言っているかわかりますね。男性がお金を稼いでも、妻や子供たちとの一対一の関係がしっかりしていれば良いですね。すてきです。


責任を果たしているとしても、一部の責任だけではなく、神が望んでいる責任、妻や子供たちに必要な責任です。だから訓練の生活がとても重要です。訓練の生活がとても重要です。訓練の習慣があればこそ、これらを一貫して行うことができます。したいかどうかに関わらず、これを一貫して行うことが容易になります。なぜなら、訓練の精神があるからです。


訓練とは何か、したいかどうかに関わらず訓練することです。それが訓練です。訓練は家でただ練習することとは異なります。訓練には責任者もいます。責任者です。その人が誰かに対して責任を負わなければなりません。だから訓練は異なります。訓練が好きな人が一生懸命お金を稼いでも、妻との一対一のデート訓練を楽しく行うことができます。子供たちとの一対一のデートも楽しく行うことができます。なぜなら、それは訓練だからです。


この訓練を通じて家庭が文化的により強固になる確立が高くなります。完璧だという意味ではありませんが、確率が高くなります。国家的にも、国際的にも、このような家庭の比率が上がれば、責任感が上がり、確率が上がり、強固な家庭、天一国を守り、また自分の家族を守る責任感を持った男性や家庭があれば、国自体も強固になります。


だから訓練が重要です。身心訓練、第一祝福。家庭訓練、夫婦と子供たち、第二祝福。第三祝福は何ですか?万物主管です。ですから、若い人たちも資産について考えるべきです。王の立場からです。お金、お金、お金だけが全てではないのです。お金、お金、お金だけを考える者たちは奴隷です、奴隷!王たちはお金、お金、お金とは考えません。王たちは何を考えますか?資産、資産、資産と考えます。お金とは異なります。


お金と異なります。資産とは何ですか?関係は最も重要な資産です。神との関係、夫婦の関係、それぞれの子供たちとの関係、コミュニティとの関係。その次に何が重要ですか?資産、土地です。王たちは何を集めますか?土地、武器、金、銀です。紙はただの紙きれです。政府はその紙、そのドルが崩れたら、ルーブルが崩れたら、レアルが当然崩れたら.. 紙は何の価値もなくなります。しかし、ドルが崩れても金があります。まだ金で買い物ができます。


銀も同じで、土地もそうです。ネットワーク、さらに何ですか?健康です!健康もお金ですね?そうです、健康も資産です。20代の時、運動もせず事務所に座ったままで健康を損なう者たちは、40代、50代からお金を多く無駄にします。治療のために病院に続けて行くので。病気が生じるからです。ですから、健康も資産ですね?精神の健康は資産ですね。では、精神の健康のために最も良いことは何ですか?


精神の健康のためには、何が最も良いでしょうか?運動です。運動は身体の健康に良いですが、それ以上に健康の効果を与える部分は精神の健康です。知りませんでしたね?だから運動する理由は、自身の身体を健康にするだけでなく、精神も清らかになり健康になるので、そのために運動すべきです。日光を浴び、良い空気、自然を楽しみましょう。土地投資、家投資、農業もできる能力。健康な食べ物を作る能力。健康とは何ですか?お金です、健康はお金なんです。


次に何が資産ですか?子供たちです!サタンの世界で子供たちは何ですか?重荷です!負担です!お金の無駄遣いです!百万ドルを使わなければならない重荷です!サタンの世界では.. そう説明されます。理にかなっていません。神の立場から見れば、子供たちは何ですか?祝福です!資産があればこそ、子供たちがその資産をどのように管理するかも学びます。管理、土地管理、家の管理、銃器の管理、車の管理、オートバイの管理などを学びます。子供を訓練すれば。政府の学校では教えてくれません。


我々にはいくつかのホームスクールがあり、若い夫婦たちがいますね。もう子供たちは車の修理の授業をしています。もう大工の訓練もしています。なぜですか?自分の家ができたとき、他の男性にお金を払って、自分の家の大工仕事、自分の家の配管作業を買わなければならないからです。しかし、基本的な仕事ができれば、とても多くのお金を節約することができます。10年、20年、30年、40年、50年後には、何十億も節約することになります。自分にその基本的な能力があればです。問題が少し大きくなれば専門家を雇うこともできますが、基本的な才能があれば他の男性を呼ぶ必要はありません。夫が知っているので。


ですから資産、さらにどんな資産ですか?才能です!才能も資産です。Abilities。Talentsではなく。才能、タレントではなく。SkillsとAbilitiesです。これらも資産です。これらの資産は子供たちに教育として与えることができます。引き継ぐことができます。そうすれば子供たちは使えない愚か者にならずに、多くの知識と資産と才能を持った人になります。能力のある人、自分の体を守ることができる人、夫婦や子供たちを守ることができる人、コミュニティを守ることができる人です。そうなります。


ですから、天一国では、若い人たちが18歳になったとき、借金だらけではなく、借金が一切なく、すでに持ち家があります。18歳のときに持ち家があるのです。高校生ですでに自分の家を建てています。数学も学び、科学もすべて学びます。同時に、大工、電気、水道システムも学び、実践して、18歳のときには持ち家があるのです。現在のサタン世界における政府のシステムの中では、60歳、70歳にならないと持ち家はできません。18歳から借金が多く、一生、銀行の借金を返さなければなりません。天一国では、18歳のときにすでに持ち家があるのです。20代前半には土地の所有者、すでにです。家の所有者や土地の所有者になれば、すでに社長です。そうなれば、20代前半ですでに社長なのです。


すでに資産を作っています。借金だらけではなく、政府の政治サタン主義の政府システムとは完全に異なります。これが天一国の文化です。それで訓練が重要です。訓練を通じて、私たちは難しいこと、恐ろしいことをやります。難しいこと、恐ろしいことをやってこそ、それに直面したときに怖くなく、それを突破する能力を学びます。だから訓練が重要です。


今日、聖書の勉強をしましたか?早く見ましょう。ヘブル人への手紙10章4節を見てみましょう。


ヘブル人への手紙10章 4節から読んでいきましょう。


10:4なぜなら、雄牛ややぎなどの血は、罪を除き去ることができないからである。 。


オーケー。ここでは、牛や祭物がイスラエルの民全体の罪を完全に贖うことができなかったのです。毎年、続けなければなりません。毎年ですね?ヨム・キプルの祭祀、大贖罪の日。毎年行わなければなりません。なぜ、イスラエルの民が?主がまだ来られていないからです。主が来られたら、主を通じて罪の赦しを受けることができます。しかし、これは旧約時代に神が一時的に許可されたことです。


8節に移りましょう。


10:8ここで、初めに、「あなたは、いけにえとささげ物と燔祭と罪祭と(すなわち、律法に従ってささげられるもの)を望まれず、好まれもしなかった」とあり、


10:9次に、「見よ、わたしは御旨を行うためにまいりました」とある。すなわち、彼は、後のものを立てるために、初めのものを廃止されたのである。


その次に12節です


10:12しかるに、キリストは多くの罪のために一つの永遠のいけにえをささげた後、神の右に座し、


つまり、神の王国を立てて生きるのが一番良いのですが、人々が失敗したために、イエスは祭物になりました。しかし、それを通じて霊的救済が成されます。それは何を意味しますか?クリスチャンたちは神の霊的王国を受け継ぐことができます。クリスチャンたちは悪人ではありません。クリスチャンたちは兄弟姉妹です。しかし、彼らは霊的な王国を受けることができましたが、肉体的な王国は受けることができませんでした。憲法を受けることができませんでした。血筋を受けることができませんでした。


そのため、彼らは霊的な王国だけを受けることができました。ですから、すべてのキリスト教の新約時代の文化は霊的ですね。霊的です。肉体的な主管がありません。しかし、神の王国が来たとき、それは霊的な主管だけでなく、肉体的な主管もあります。王権、所有権をすべて受けます。その意味は、世界中が神の三代王権と天一国憲法の下に入るということです。世界中がです。

閲覧数:72回0件のコメント

Commentaires


bottom of page