top of page

伝道シリーズ#001 鉄杖王

更新日:5月28日






郭グループと家庭連合は、何兆円ものお金と権力を得るために、真のお父様を裏切る道を選びました。しかし、カインとアベルは真のお父様のみ旨を守るために、お金や権力など全てを捨てて荒野に出られました。


私は三代王権を通じ、真のお父様の聖霊が役事されるのを見て、驚き、また感謝しています。真のお父様の聖霊がアメリカと世界を救うために、カインとアベルを荒野に導かれたのです。文亨進様は真のお父様の実体として、摂理の相続者として、実体的な天一国創建の責任を担う中心存在です。


2013年に家庭連合は、文亨進世界会長と文国進財団理事長をその職責から解任させました。

2016年12月には姜賢實会長が家庭連合を脱退し、代身者、相続者を訪ねて荒野に出られました。

その後、姜賢實会長は天一宮に入宮され、祈りと精誠をもって摂理的な息子を産む期間を過ごされました。ついに、2017年9月23日、文鮮明真のお父様と姜賢實真のお母様の天宙完成祝福式が奉献されました。そして、文亨進様は真のお父様の聖霊の導きにより、鉄杖王として再び生まれ変わられたのです。ヨハネの黙示録の秘密が解き明かされ、予言が実現されたのです。


文亨進様は黙示録に予言された鉄杖が、AR-15ライフルを意味すると宣布されました。

市民を抑圧する実体的なサタン勢力である政治的サタン主義、共産主義に対抗し、市民の自由と人権、所有権を守るために、市民自らが自己防衛能力を持つべきだと語られました。

2018年の天一国生命(いのち)の書入籍祝福式では、参加者がAR-15ライフルを持って祝福式に参加しました。

これに驚いた世界中の5,000以上のメディアが競って取材し、文亨進様とサンクチュアリ教会を極端派テロ教会だと言い、非難を浴びせました。

その後、世界のメディアが文亨進様に注目し、関心を持って追いかけています。


左派の中央政府勢力は、頻繁に発生する銃器テロの原因を市民の銃器所有に転嫁し、銃器所有権を奪おうとしています。

CNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどの影響力のある左派メディアが積極的に市民を洗脳するので、銃器所有者は正当性を失い、劣勢に追い込まれました。

銃器所有は憲法に保障された自由です。しかし、政府とメディアは、銃器テロが発生するたびに、銃器所有者を潜在的なテロ犯に作り上げているのです。そのため、銃器所有者は自信を失い、劣勢に追い込まれてきました。


文亨進様は、銃器は犯罪用の武器ではなく、黙示録に予言された神の鉄杖であると宣布されました。

市民の自由と人権、所有権を守るために、銃器所有の正当性を強調されました。

これにより、アメリカの市民は銃器所有の意味と価値に目覚め、自信を取り戻しました。

銃器所有は、憲法で市民の自由だけを保証しているのではないということを悟ったのです。

聖書に予言されているように、終末に神の息子が持ってくる鉄杖であるという事実にです。

この鉄杖で、実体的サタン勢力である共産主義と政治サタン主義を土の器のように打ち砕くというのです。

神の願いを悟ることは、単に憲法に依存することとは異なる次元のものです。

憲法は国民が合意すれば変更することも可能です。

しかし、神のみ旨は絶対的であり、永遠不変であるため、人間が変更することはできません。


保守派の指導者たちは文亨進様の宣布に力を得て、自発的に鉄杖祝祭に参加しています。

アメリカ全土で市民の銃器所有運動が活発に広がっているのです。

今では「鉄杖祝祭」と言えば、市民は「ああ、銃器所有の自由を主張する祝祭が開かれるんだ!」と自然に受け入れています。


現在、アメリカと世界各国を代表する放送メディアが、テネシー州まで訪ねて来て、文亨進牧師を取材し、鉄杖祝祭を紹介しています。

左派メディアのおかげで、文亨進牧師はアメリカだけでなく、世界的な注目を浴びるようになったのです。


ところで、アメリカには数万人の牧師がいますが、なぜテネシーの田舎の文牧師を訪ねてくるのでしょうか?

現代のキリスト教は左派勢力の攻撃を受け、キリスト教の社会的責任を忘れています。左派の攻勢に無策であり、教会内にトランスジェンダーや同性愛が浸透しています。現代のキリスト教は主が来られたことを知りません。まだ主を待っているのです。

したがって、新婦の宗教にとどまっています。皆さん、主を漠然と待つ宗教と、主が来られ直接立てられた宗教は次元が違うものです。新郎が来たので、キリスト教は新しくなり、強くなるでしょう。文亨進様が展開される文化は、アダム主義、再臨主の文化です。神を愛し、隣人を自分の体のように愛する文化です。サタンから隣人を守る文化です。


ヨハネの黙示録 2:27彼は鉄のつえをもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。それは、わたし自身が父から権威を受けて治めるのと同様である。


サタンは、黙示録の予言にある「鉄杖で全ての国を治める男性」が誰なのか知っています。

そのため、左派メディアが文亨進牧師についての特集放送を作るために、サンクチュアリ教会を訪ねてくるのです。このように主要メディアは、文牧師と鉄杖摂理についての記事を大きく扱っています。もちろん、左派メディアの取材目的は反対するためですが、神はむしろ彼らを利用しています。左派メディアのおかげで多くの市民が銃器所有が神の鉄杖であることを悟りはじめています。保守派の愛国者たちは文亨進牧師に支持と歓声を送っています。

この度、イギリスBBC放送が特集放送を作るために、2回にわたってテネシーに訪ねてきました。1ドルも使わなくても、主要メディアが自ら来て宣伝してくれるのです。どれほど良いことでしょうか。

本当に奇跡のようなことが起こっています。

すべては真のお父様の聖霊の役事です。


皆さん、郭グループや家庭連合を見てください。

彼らは数億、数十億円を投じてもこんなことはできません。

郭グループや独生女集団は数兆円の資金と組織で摂理を成すと大口を叩きましたが、10年以上経っても何も変わっていません。多くのお金をつぎ込んで人を動員し、政治家を招待して行事を行いましたが何が変わったのでしょうか?

家庭連合は「ワールドサミット2022」の行事で、トランプ前大統領に講演料として3億3千万円を支払ったそうです。それもトランプ大統領が直接参加したわけではありません。わずか10分足らずの短い映像を送っただけです。政治家たちは家庭連合の行事に顔を出し、多額のお金を手にして去りました。実際、彼らは独生女には関心がありません。お金にしか関心がないのです。


考えてみてください。

安倍首相の暗殺事件が起こると、家庭連合と関係していた多くの政治家が姿を隠し、家庭連合との関係を断ち切っています。これが政治家や社会の指導者たちの本性です。しかし、文亨進様はお金を使って人々を集めません。お金を使わなくても、呼ばなくても、メディアが自ら訪ねてきて文亨進様を宣伝してくれます。


そして、もう一つのビッグニュースがあります。

郭グループや独生女集団がこの事実を知れば目玉が飛び出るでしょう。

4月初め、トランプ大統領がフロリダのマララゴにあるトランプ宮殿で開いた会議に、文亨進様と文国進様を招待しました。真のご父母様の三代王権とトランプ王家の出会いが実現したのです。

信じがたいでしょうし、信じたくないかもしれませんが、事実です。


人々はこれから黙示録に予言された鉄杖王を目撃することになります。

そして、鉄杖でサタン世界を土の器のように打ち砕くと予言された男性が現れたのを見るでしょう。「弾丸王冠」はアメリカ国内で市民の銃器所有を象徴するシンボルとして認識されています。

アメリカでは文亨進牧師をKingBulletHeadと呼んでいます。


人々は黙示録に予言された神の鉄杖が、市民の銃器所有であるという事実を認識するとき、鉄杖で全ての国を治める鉄杖王が誰であるかを自然に悟ることになるでしょう。


人々は鉄杖王を中心に一つとなり、市民を抑圧する共産主義、暴君主義、実体サタン勢力を鉄杖で破壊し、地上天国を建設するために神の摂理に参加するようになるでしょう。アメリカで銃器所有を支持する愛国市民たちは、文亨進牧師に支持と歓声を送っています。


退役軍人団体のリーダー、NRA(全米ライフル協会)、GOA(全米銃器所有者協会)、TFA(テネシー銃器協会)などの銃器協会、児童性犯罪者ハンターのクレイグ・ソーヤー、また登録者500万人のYouTuberで黒人リーダーのブラック・ランボー、登録者55万人のバイカーYouTuberのソース・ザ・ゴースト、トランプ大統領の首席顧問セバスチャン・ゴーカなどの愛国者たちが文牧師を支持し、友人になりました。


彼らはお金のために義理を売る人ではありません。

彼らは権力を得るために列に並ぶ人ではありません。

彼らは戦場で命をかけて兄弟や国のために戦った人です。

彼らは友人を裏切らず、友人が危険にさらされれば命をかけて共に戦う人です。

彼らは文亨進様と文国進様を自由と人権のために先頭に立つチャンピオンだと証言しています。

彼らはmoonie大将の友人になりました。

皆さん、私の言葉が信じられないなら、鉄杖祝祭に直接来て確かめてください。


それだけではありません。アベル圏クリスチャンも鉄杖摂理を悟り、文牧師に会いたがっています。これからキリスト教が「弾丸王冠」の意味を悟れば、新約と成約の出会いが実現するでしょう。キリスト教は新たに復活し、再び強くなるでしょう。サタン勢力はサンクチュアリ教会では銃を持っているとあざ笑いましたが、結局は神の鉄杖の前に屈服するでしょう。これから鉄杖祝祭がペンシルベニアやテネシーだけでなく、フロリダ、テキサス、ネバダなどアメリカ全土に広がれば、文亨進様は聖書で予言された鉄杖王として満天下に明らかになることでしょう。


鉄杖摂理が世界に広がり、共産主義と全体主義の抑圧体制の中で苦しんでいた中国、インド、ロシア、アフリカ、アジアの市民が自由と人権と解放の大役事に参加するようになるでしょう。

その日が来れば、共産主義の暴君体制はこの地球上から永遠に姿を消すでしょう。

鉄杖摂理は真のお父様の聖霊の役事であり、カインとアベルによって成されている奇跡です。


郭グループと家庭連合では、文亨進様が弾丸の王冠を被り、銃を持ち、バイクに乗り、ラップダンスの映像をあげているとあざ笑いました。

彼らは文亨進様が奇行を繰り返し、銃を持って暴走する危険な暴走族だと嘲笑しました。

残念ながら、郭グループと家庭連合は神の摂理を見る目がないようです。

閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page